So-net無料ブログ作成

アマガミSS+ BD 2巻 桜井梨穂子 [アニメ]

第2巻、桜井梨穂子編です。

アマガミSS+ plus (2)桜井梨穂子 【Blu-ray】

アマガミSS+ plus (2)桜井梨穂子 【Blu-ray】

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


本編の感想は、TV放映時のものを。

梨穂子編、よかったですねえ。紳士的イベントは少なめでしたがw 雰囲気がありました。僕は一期の梨穂子編も好きなのですが、一期に不満があった人も満足できたのではないでしょうか。



映像特典:エクストラ・エピソード+ plus

人気投票でも1位だった、あの電話ボックスイベントをベースにしたエピソードになってます。梨穂子は6話使ってやっと最後の最後で結ばれたゆえ、イチャイチャ成分が少なかったので、こういうエピソードが嬉しいファンも多いのではないでしょうか。いや、ほんとにいいですよ、これ。梨穂子よかったねえ…。



音声特典:オーディオコメンタリー

参加メンバーは、桜井梨穂子役・新谷良子さん、橘純一役・前野智昭さん、音響監督の飯田里樹さんです。

冒頭、いきなり前野さんにプレッシャーをかける新谷さんにワロタw

梨穂子のように写真を貼っていたという新谷さん。でも、前野さんと飯田さんも言っていましたけど、男はあまりああいうことはやらないですよねえ。

梨穂子のクラスの男子、イケメンなのにバカばっかりって、飯田さんぶっちゃけちゃったw

高校時代、変な異名が轟いていた前野さんw

梨穂子編のときだけ、アフレコ時の空気感が違うとか。幼なじみの距離感ゆえ、なんでしょうね。新谷さんの率直な感想が面白いです。

普通なところが良いと言われる梨穂子の家w

スタッフからも謎と言われるるっこ先輩とまなか先輩w

一期最後の先輩の卒業シーンで泣いたという新谷さん。飯田さんからも、声優陣がいい演技をしていたという言葉。あのシーンはいいですよねえ。

真壁くんで心が折れそうだったという新谷さんw

壁ドンについて語る新谷さんwww

SS+も梨穂子視点なんですね。そういえばモノローグも梨穂子でした。

梨穂子の鼻歌が「Check my soul」になった裏話が。

絶賛される梨穂子の料理スキル。確かにあれはおいしそう…。

パッションが弾けるシチュエーション談義w

飯田さん、サブタイトルが「フウリン」なので、風鈴の音に気を使ったそうで。音響監督はそういうところにも気を使うんですね。


そんな感じで、オーディオコメンタリー。梨穂子編は三人ともが、良い出来だと語っていたのが印象に残りました。特に、梨穂子に並々ならぬ思い入れのある新谷さん、素晴らしい出来となって嬉しそうでした。



特製オールカラー16Pブックレット

監督のインタビューでひとつ、衝撃だったのが、例の「パッションがはじけた」が原作側からのアイデアだったということ!真壁くんはアニメオリジナルキャラだったので、アニメスタッフのアイデアだと思っていました…。まあ、確かに、ゲーム本編に出てきてもおかしくはない存在感とセンスだと思いますw



というわけで、アマガミSS+ BD第2巻、桜井梨穂子編でした。

先日は三期は望んでいないようなことを書きましたが、梨穂子編に関して言えば、やれることはいくらでもあるんですよね。アマガミSS+のコンセプトである「つきあい始めたその後」なんてほとんど描かれていないわけですから。原作イベントの消化率も低いですし。OVAなら…アリかなあ。


アマガミ関連記事一覧

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。