So-net無料ブログ作成

アマガミSS+ plus BD 7巻 橘美也 [アニメ]


アマガミSS+ plus 7 橘 美也 (Blu-ray) [Blu-ray]

アマガミSS+ plus 7 橘 美也 (Blu-ray) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray


本編の感想は、TV放映時のものを。

橘美也編 感想

美也編というよりは、脇役までほぼ全キャラ登場するお祭り的な話で、とても楽しかったですね。意外なキャラ同士のやり取りが見られたりして。個人的には裡沙ちゃんと田中さんのシーンが好きです。まいたさんすげえっす。



映像特典:ピクチャードラマ~バレンタイン・フォー・ユー~

バレンタインデーに公式サイトで公開されたオーディオドラマに、映像(基本的に静止画)を追加したものです。公開当時にも笑わせてもらいましたが、あらためて聴いても面白いw ヒロインのセリフを再現する前野さんと寺島さんが楽しいw

公開されたバージョンである、橘さんと梅原のものに加えて、ヒロインのセリフをちゃんと担当声優さんがやっている「ヒロイン編」も収録されています。こちらはさすが、甘々な仕上がりになってます。



映像特典:ノンクレジット・オープニング/エンディング

こういうソフトではお馴染みの映像特典ですね。オープニングは通常版(正確には絢辻詞バージョン)と、最後が大きく変更されている橘美也編が収録されています。美也がかわいいんだ、これが。

エンディングは、全ヒロインのバージョンが収録されています。好きなヒロインの『すき~だよ~♪』がいつでも楽しめるというわけです。



音声特典:オーディオコメンタリー

参加メンバーは、橘美也役の阿澄佳奈さん、橘純一役の前野智昭さん、音響監督の飯田里樹さんです。

最初に、ゲームでの美也について少し語られてます。一日の終わりに美也に言われるセリフ、確かに上から目線ですw

お姉さんがいらっしゃる前野さん、美也のような妹が欲しかったとか。姉と妹がいる…ちょっといいかも?

はるかとジェシカ、別録りと言われて「ちっ」と言ったとか言わないとかw

一期の後、飯田さんは実際にドクターフィッシュやってみたそうで。あれは体験してみたくなりますよねえ。でも、入れていいのは足だけで、さすがに梨穂子のようなのはNGだとかw

意外と歌う機会の多かった美也。このエピソードでも歌っていますが。わざわざそれ用の資料も用意されたりして、阿澄さん苦労されたようですね。

ナイスバデーな人ほど、他の人の体を触りたがる法則?

視聴者に評判の良かったという「七咲の水着あと」。わかる、わかるぞ!

顔も映らない橘さんと梅原のカットw

最後にラジオ(アマガミ カミングスウィート!)の話題が出るのですが、このコメンタリーを録っている時点ではまだ終了が決まっていなかったっぽい?まあ、終わっちゃいましたけどね。かなり急な決定だったのかな…。



というわけで、アマガミSS+ 最終巻でした。

これでアマガミの商品展開も一区切りでしょうか。(一番くじ?ナンノハナシデスカソレハ?)ラジオも終わってしまいましたし、寂しいですが…。

まあ、カミングスウィートはまだCDが出ますけどね。確かあと2枚。楽しみです。

そして、マンガ連載も続いています。電撃マオウの「アマガミ Love goes on!」に、amaroの「アマガミ わっ!」、そしてなぜか放送終了してから始まった、ファミ通コミッククリアの「あまがみっ!SS+ plus」。

あともう少しだけ、アマガミに楽しませてもらえそうです。しかし、あらためて思うのは、もっと早く「アマガミ」に出会っていたかったなあ、ということ。そうならば、もっと長く楽しい時間を過ごせていました。まあ、エビコレ+ アマガミをプレイするまではギャルゲーの類には見向きもしなかった人なので…仕方ないよね。


アマガミ関連記事一覧

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。